なぜ毛が抜けるのか

現在、主流になっているのが、レーザーや光を使った脱毛法です。
そのメカニズムは、肌に対して照射したレーザーや光を、毛の中のメラニン色素に吸収させ、その毛の毛根に熱を持たせ、毛の成長を止めていくというものです。
成長が止まった毛は、10日から2週間程度、毛穴の中に留まり、その後、自然に毛穴から抜け落ちていく事になります。
レーザーによる施術の場合、毛根や毛乳頭を破壊していく事が出来る為、施術を行えば、その毛穴から毛が生えてこない状態となります。
エステや脱毛サロンで行っている光を使った施術は、レーザーによる施術と比べると効果が弱く、施術によって毛乳頭を破壊していくだけの効果がなく、影響を与える事が出来る程度となります。
その為、施術を行った後も再び毛が生えてくる事になるのですが、毛乳頭に刺激を与えた効果により、細く弱い毛に変わっていきます。
何度か施術を繰り返していくと、毛はどんどんと細く弱くなり、更に産毛のような状態へと変わっていく事になります。
その為、レーザーによる脱毛に比べて、施術完了までに多くの回数がかかる事になります。
脱毛は、毛根を発熱させる事で、毛が抜け、毛が生えてこない状態を作っていきます。

コメントは受け付けていません。