ジェルが肌に合わない場合も

脱毛エステでは利用者の満足度を高めるため、様々なケアを行っています。
その1つが、施術の前にジェルを塗って皮膚を保護することです。
エステで使用する脱毛マシンは、光を照射し毛根にダメージを与えることができるのですが、その際熱エネルギーによって肌が火照りやすくなります。
また、施術の影響で乾燥しやすくもなるため、これらを予防する目的で独自にて開発したジェルを使っているのです。
それにはコラーゲンなど、保湿効果の高い美容成分が配合されており、それを使用することでうるおいを保ったままの施術が可能になります。
これはトラブルのない健康な肌に対して行えるよう、考えられているケアです。
そのため皮膚が弱い人の場合、たとえばアトピーの人などはそのジェルが合わないこともあります。
本来は刺激がない成分なのですが、アトピーは肌が弱っている状態であるがゆえに、敏感に反応してしまったというケースです。
これを放っておくと、かぶれや痒みなどが起こりやすくなってしまいますので、ジェルを塗っているときはもちろん施術中でも異変を感じたら、すぐスタッフに申し出ることが大切です。
それに加え、施術前に行うカウンセリングでは、その旨をしっかり伝えておくことも重要です。

コメントは受け付けていません。