医療脱毛とサロンは何が違う?

医療脱毛とサロンでは利用できる脱毛装置の出力が違います。出力が高くなると皮膚にかかる負荷が大きくなり、火傷などのトラブルが起きやすくなります。そのため、治療を行えるクリニックの医療脱毛でなければ高い出力の脱毛装置を使えません。出力が高ければ毛根を熱しやすくなるため脱毛の効果が高くなり、脱毛完了までの期間が短くなります。部位によっては毛が細く、色素が薄いため、出力が低いと効果を得られないこともあるので、医療脱毛の方が確実に脱毛できます。また、皮膚の診察を行ってから施術を行うため、皮膚疾患の起きている部位に光を照射して悪化させる危険性が少ないです。施術の際には麻酔クリームなどで痛みを感じにくくしていますが、皮膚が弱いと痛みが強くなります。痛みに耐えられない場合、痛みがほとんどないサロンの方が利用しやすいです。
通いやすいのはサロンになります。脱毛完了までに必要な費用にはあまり差はありませんが、一回当たりの費用が安く、長期的に利用するので払いやすくなります。また、店舗の数も多いです。クーリングオフや途中解約についても特定商取引法が適用されるので安心です。医療脱毛は特定商取引法の適用対象外であり、途中解約できないクリニックもあるので注意します。

コメントは受け付けていません。