脱毛の方法

脱毛の方法には医療機関での施術方法となるレーザー、ニードルを用いたもの、エステロンでの施術方法となる光、また、ワックスを使用したもの、そして、自宅で行うことができる家庭用脱毛器、ワックス、除毛クリーム、カミソリ、毛抜きを用いたものがあります。施術としては、医療機関とエステサロンで行われますが、それには各々に特徴があります。まず、医療機関で行われるレーザーによるものは照射範囲が広いために、全身で約1~3時間程度の施術で完了します。そして、レーザーによる高いレベル照射によって行われ、安定して毛根へと吸収され脱毛をすることができるようになっています。効果としては1部位3~4回程度で薄く少なくなり、6~8回程度行うとよく見ないと分からない位にすることができます。ニードル脱毛は電気脱毛とも呼ばれ毛穴に専用の針を1つづつ刺して、毛根に直接電気を流して確実にダメージを与えて破壊をしていく方法です。1時間に直径10cm程度の広さを処理でき、色素沈着をしている箇所や日焼けした肌、眉などの細かい個所にも施術が可能な方法です。エステサロンで行われる光脱毛には2つの方法があり、それはSSC方式と呼ばれるものとIPL方式とがあります。SSC方式は施術前にジェルを塗って行われる方法でジェルに反応する光のために肌へのダメージが少ない優しいい脱毛となります。IPL方式は皮膚のメラニンに光が反応して毛根にダメージを与え脱毛を行う方法となっています。そして、各々に効果や金額、期間、また、人によって感じる痛みなどに違いがあり、行う前には確認が大切なことになります。

コメントは受け付けていません。