‘未分類’ カテゴリー

回数保証がおすすめ

脱毛エステを選ぶときのポイントとして、回数保証があります。これは決められた回数までであれば追加の費用を払わずに利用できるものです。脱毛エステはクリニックより脱毛装置の出力が低いため効果が出にくく、脱毛が終わるまでの回数が多くなります。施術を受けるタイミングによって効果にばらつきが出るため、できるだけ多くの回数が保証されているものが良いです。ただし、回数だけでなく保証期間の確認も必要です。脱毛エステは2、3か月ごとに施術を受けるため、保証期間が短いと回数が多くても利用できなくなってしまいます。アトピー肌など、皮膚に疾患を持っている人の場合、状態によって施術を行えず、しばらくお休みしなければならないこともるため、保証期間は無制限になっているものを選ぶと安心です。
また、回数や期間だけでなく、全額返金保証があるとより安心です、脱毛エステは特定商取引法によりクーリングオフや途中解約ができるようになっています。途中解約時の手数料の上限も決まっていますが、それでも2万円以上かかることもあります。皮膚疾患がある場合、一度利用した後に施術によって症状が悪化してしまい、そこで解約することも考えられるため、全額返金保証があれば出費を抑えられます。

ジェルが肌に合わない場合も

脱毛エステでは利用者の満足度を高めるため、様々なケアを行っています。
その1つが、施術の前にジェルを塗って皮膚を保護することです。
エステで使用する脱毛マシンは、光を照射し毛根にダメージを与えることができるのですが、その際熱エネルギーによって肌が火照りやすくなります。
また、施術の影響で乾燥しやすくもなるため、これらを予防する目的で独自にて開発したジェルを使っているのです。
それにはコラーゲンなど、保湿効果の高い美容成分が配合されており、それを使用することでうるおいを保ったままの施術が可能になります。
これはトラブルのない健康な肌に対して行えるよう、考えられているケアです。
そのため皮膚が弱い人の場合、たとえばアトピーの人などはそのジェルが合わないこともあります。
本来は刺激がない成分なのですが、アトピーは肌が弱っている状態であるがゆえに、敏感に反応してしまったというケースです。
これを放っておくと、かぶれや痒みなどが起こりやすくなってしまいますので、ジェルを塗っているときはもちろん施術中でも異変を感じたら、すぐスタッフに申し出ることが大切です。
それに加え、施術前に行うカウンセリングでは、その旨をしっかり伝えておくことも重要です。

医療脱毛とサロンは何が違う?

医療脱毛とサロンでは利用できる脱毛装置の出力が違います。出力が高くなると皮膚にかかる負荷が大きくなり、火傷などのトラブルが起きやすくなります。そのため、治療を行えるクリニックの医療脱毛でなければ高い出力の脱毛装置を使えません。出力が高ければ毛根を熱しやすくなるため脱毛の効果が高くなり、脱毛完了までの期間が短くなります。部位によっては毛が細く、色素が薄いため、出力が低いと効果を得られないこともあるので、医療脱毛の方が確実に脱毛できます。また、皮膚の診察を行ってから施術を行うため、皮膚疾患の起きている部位に光を照射して悪化させる危険性が少ないです。施術の際には麻酔クリームなどで痛みを感じにくくしていますが、皮膚が弱いと痛みが強くなります。痛みに耐えられない場合、痛みがほとんどないサロンの方が利用しやすいです。
通いやすいのはサロンになります。脱毛完了までに必要な費用にはあまり差はありませんが、一回当たりの費用が安く、長期的に利用するので払いやすくなります。また、店舗の数も多いです。クーリングオフや途中解約についても特定商取引法が適用されるので安心です。医療脱毛は特定商取引法の適用対象外であり、途中解約できないクリニックもあるので注意します。

無料カウンセリングを利用する

脱毛エステを利用する上で大事なことはそれぞれの人に合ったエステであるかどうかということです。そういうことはカウンセリングを受けないとわかりません。またお金がかからない無料カウンセリングであれば問題があるようであれば、お金がかかることはないので非常に便利であるといえます。カウンセリングで重要なポイントはいくつかあります。最も大事な点はアトピーでも行えるかどうかということです。この部分がきちんとなっていないエステではトラブルの可能性が出てきてしまうので注意が必要になってきます。また症状が出ていても処置を行うことが出来るかやステロイドを使用していても行うことが出来るかも非常に重要なポイントです。ステロイドと同じように薬を服用していても行うことが出来るかも確認するべきポイントです。また途中で脱毛を中止しなければいけないような状態になった場合に長期の保証期間があるかなども利用する人にとっては非常に大事です。またアトピーが悪化してしまいどうしても処置を行うことが出来なくなってしまうような時に、返金などのシステムがきちんと確立しているかも利用者にとっては大事な確率ポイントです。比較サイトではこういった部分を一括して確認出来ます。

エステ選びについて

エステの選び方としてはまず、インターネットで情報を集める事から始めます。
おすすめのエステランキング等を行っているサイトも有るので参考になります。
大体施術を受けたいエステを絞る事が出来たら、そこの公式ホームページを見てみます。
実際にどのようなサービスを行っているのか、他の店舗と比較して料金はどうなのか等を検討します。
エステは店舗によって金額がばらつきがあるのでよく比較検討した方がいいです。
それから、そこの店舗の評判を複数のサイトから調べて行きます。
一箇所だけだと情報が偏ってしまうので何箇所かの口コミを見た方が無難です。
その内容がきちんと施術を受けた人が書いているかをチェックするのも肝心です。
店舗に実際に赴かないと分からない様な感想が記載されていると信頼性が高いです。
更に、実際に店舗に電話を掛けてみて施術の内容について質問して見るのもいいです。
その時の応対の様子等でもいい店舗かどうかを判断する材料になります。
この時に執拗に来店を依頼されたりするケースもあるので注意が必要です。
いずれにせよ、肝心なのは自分に合った所でエステを受けることです。
一回施術を試しに受けてみて、合わないと感じたら他の店舗に行くのも一つの方法です。

注意点について

アトピーなど肌が弱い人は脱毛はできないと考えがちですが、何度も自己処理を行うとかえってダメージを受けて悪化してしまう可能性があるので、プロに頼んで永久脱毛を実践したほうが得策です。注意点として、肌に優しい脱毛機械を導入しているか確かめることです。エステサロンではアトピーであることを伝えて、対応できるかどうか必ず確認したほうが良いです。また、脱毛する部位によって断られることもあるので、カウンセリング時によく話し合っておくと良いです。

脱毛後に肌トラブルが発生することが心配なら、エステサロンなどではなく医療機関で永久脱毛をしてもらうべきです。皮膚科や美容クリニックなどにおいてレーザー脱毛が可能ですし、医師であればアトピーによる肌の状態を正しく判断して、脱毛ができるかどうか診てもらうことができます。

アトピーの治療を優先してその後ムダ毛のケアに移ることもありますので、じっくりと取り組むことが大切です。皮膚が何度もダメージを受けて色素沈着がみられる場合でも、肌の治療を行っていくことで色素沈着部分を薄く目立たないようにすることは可能ですから、そのあとに安心して脱毛を行い、毛のないすべすべした肌になることが期待できます。

アトピー肌へのサロンの対応

アトピーだから、脱毛サロンが対応してくれないといったことはほとんど皆無です。基本的に大手脱毛サロンは刺激の少ない、光の照射機器を使っているので、アトピーの人でも脱毛を受けることは可能です。しかし、アトピーの炎症がひどかったりする場合は、医師の同意書が必要になってきます。医師の同意書がないと脱毛を受けられないことがあります。アトピーに使用されるステロイド剤は肌のへの刺激が強いので、脱毛サロンで光を照射した場合、黒ずみになってしまうこともあります。だから、脱毛サロンで施術を受ける一週間前から、ストロイド剤は塗るのを控えたほうが良いです。脱毛サロンの選び方ですが、大手の脱毛サロンでもそれぞれによって、肌へのストレスの具合が変わってきます。要するに自分に合ったサロンを見つけることが必要です。そこで、重要になってくるのが、テスト照射です。大手サロンでは、簡単にできて、時間も短い、テスト照射というものを行っています。これを受ければ、どのサロンが自分に合っているか確かめることができるのです。また、肌に塗るジェルもサロンによってまちまちです。ですので、こちらもどのジェルが自分に合うのか確かめる必要があります。
また、アトピーを持っている方は、脱毛サロンを選ぶとき、期間制ではなく、回数制を選んだほうが良いでしょう。なぜなら、回数制なら、アトピーがひどい時は脱毛の施術を休むことができ、また、調子が良くなったら行くということができるからです。

なぜ毛が抜けるのか

現在、主流になっているのが、レーザーや光を使った脱毛法です。
そのメカニズムは、肌に対して照射したレーザーや光を、毛の中のメラニン色素に吸収させ、その毛の毛根に熱を持たせ、毛の成長を止めていくというものです。
成長が止まった毛は、10日から2週間程度、毛穴の中に留まり、その後、自然に毛穴から抜け落ちていく事になります。
レーザーによる施術の場合、毛根や毛乳頭を破壊していく事が出来る為、施術を行えば、その毛穴から毛が生えてこない状態となります。
エステや脱毛サロンで行っている光を使った施術は、レーザーによる施術と比べると効果が弱く、施術によって毛乳頭を破壊していくだけの効果がなく、影響を与える事が出来る程度となります。
その為、施術を行った後も再び毛が生えてくる事になるのですが、毛乳頭に刺激を与えた効果により、細く弱い毛に変わっていきます。
何度か施術を繰り返していくと、毛はどんどんと細く弱くなり、更に産毛のような状態へと変わっていく事になります。
その為、レーザーによる脱毛に比べて、施術完了までに多くの回数がかかる事になります。
脱毛は、毛根を発熱させる事で、毛が抜け、毛が生えてこない状態を作っていきます。

脱毛の方法

脱毛の方法には医療機関での施術方法となるレーザー、ニードルを用いたもの、エステロンでの施術方法となる光、また、ワックスを使用したもの、そして、自宅で行うことができる家庭用脱毛器、ワックス、除毛クリーム、カミソリ、毛抜きを用いたものがあります。施術としては、医療機関とエステサロンで行われますが、それには各々に特徴があります。まず、医療機関で行われるレーザーによるものは照射範囲が広いために、全身で約1~3時間程度の施術で完了します。そして、レーザーによる高いレベル照射によって行われ、安定して毛根へと吸収され脱毛をすることができるようになっています。効果としては1部位3~4回程度で薄く少なくなり、6~8回程度行うとよく見ないと分からない位にすることができます。ニードル脱毛は電気脱毛とも呼ばれ毛穴に専用の針を1つづつ刺して、毛根に直接電気を流して確実にダメージを与えて破壊をしていく方法です。1時間に直径10cm程度の広さを処理でき、色素沈着をしている箇所や日焼けした肌、眉などの細かい個所にも施術が可能な方法です。エステサロンで行われる光脱毛には2つの方法があり、それはSSC方式と呼ばれるものとIPL方式とがあります。SSC方式は施術前にジェルを塗って行われる方法でジェルに反応する光のために肌へのダメージが少ない優しいい脱毛となります。IPL方式は皮膚のメラニンに光が反応して毛根にダメージを与え脱毛を行う方法となっています。そして、各々に効果や金額、期間、また、人によって感じる痛みなどに違いがあり、行う前には確認が大切なことになります。